CONCEPT #01遊びゴコロ、躍らせる。

家はまず、楽しくあるべき。という考え方から、ワクワク感満載の家づくりをご提案しています。

CONCEPT #02光と風を感じて暮らす。

郊外ならではの、光と風を感じられる家づくりを目指しています。
子供たちの原風景として、郊外の自然環境が刻まれます。

CONCEPT #03家族と仲間を幸せに。

家づくりとともに、家族や仲間と幸せに暮らすライフスタイルを提案しています。

CONCEPT #04住宅性能を、カンペキに。

住宅性能は、当然の最高水準。長期優良住宅対応、耐震等級2以上、ZEH対応など、これからの住宅に求められる性能を兼ね備えています。

 

大切な家を建てる パートナーを選ぶなら

地元密着で確かな実績

NIKKENSOは茨城県水戸市や笠間市を中心に、新築一戸建てや注文住宅で建てさせていただいている住宅会社です。お客様のライフスタイルに合わせた豊富なラインナップで、お客様にあわせた暮らしをサポートしています。

住宅事業部が中心となり建材事業部・太陽光発電事業部・不動産事業部が強力なタッグを組み、地域に根ざした工務店としてお客様の夢を形にしていきます。そしてお客様との絆を深めたお付き合いができる、笑顔あふれるお付き合いを心がけています。

家づくりの疑問・不安などお気軽にお問い合わせください。わかりやすくご説明します。

豊富なバリエーション

住環境の中で住宅は、家族の基礎となる大切な部分です。NIKKENSOでは暮らしていて快適な、暮らしやすい住宅の提供を心がけています。

そのひとつが無垢の木などの自然素材が多く使用している平屋住宅です。長く暮らすほどに味わいや愛着を深めていける。子どもを育てているような共感の持てる楽しみのある住まいの「YAT」を中心に、伝統的な知恵と技術を現代の住宅に活かした本場フィンランドのログハウス「beret(ヒュッゲ)」など、幅広いプランで展開しています。実際に見て・触れて・体感できるモデルルームもご用意しております。お気軽にお声がけください。

施工例のご紹介

初めての家づくり応援します

1.体感・実感できるモデルハウス

無垢の木などの自然素材が多く用いられているYATは、平屋ならではの開放感と心安らぐ空間を体感することができます。建物と一体となったガレージにも注目です。

<YAT内原モデルハウス 基本情報>

営業時間 10:00~17:00定休日 なし(年末年始・お盆は除く)

住所 茨城県水戸市内原町1丁目地内

電話番号 029-297-3322

FAX 029-252-2923

アクセス 水戸ICより車で5分 常磐線内原駅より徒歩10分

伝統的な知恵と技術を現代の住宅に活かした本場フィンランドのログハウスです。今まで培ってきた技術と、木造軸組のノウハウを 掛け合わせた独自のハイブリッド・ログハウス。プランアレンジとコスト低減を可能にしています。

ログハウス本来の楽しみをハックで体感してください。

こだわりの外観、夢が広がるウッドデッキ、家族で団らんできる薪ストーブなど、見どころがいっぱいです。

<HUCK beret内原モデルハウス 基本情報>

営業時間 10:00~17:00

定休日 なし(年末年始・お盆は除く)

住所 茨城県水戸市内原1丁目215-4(JA内原のめぐみ向かい)

電話番号 029-297-3322 FAX 029-252-2923

アクセス 水戸ICより車で5分 常磐線内原駅より徒歩10分

2.地元密着でサポート体制も安心

茨城県水戸市や笠間市を中心に展開させていただいております。

エリア以外でもお気軽にご相談ください。

水戸市、笠間市で注文住宅を検討しているなら





当日の見学予約等、急ぎのお問合せの方は電話:029-252-2151までご連絡下さい。

お問い合わせ経緯 

茨城・水戸市・笠間市には楽しさがいっぱい

茨城県は関東地方の北東に位置しており、東は太平洋に面しています。海の恵みから、大地の恵みまで満喫できる地域です。「日本三名瀑」の一つと名高い袋田の滝(大子町)や「日本三大稲荷」の一つで1340年以上もの歴史がある笠間稲荷神社(笠間市)、大曲の花火(秋田県)・長岡まつり大花火大会(新潟県)と並ぶ「日本三大花火大会」の一つでもある土浦全国花火競技大会(土浦市)など、観光名所もたくさんあります。

茨城県にはまだまだ知られていない魅力がたくさん眠っています。今回は水戸市や笠間を中心に茨城県の魅力に迫ってみましょう

魅力がいっぱい茨城県

つくばエクスプレスの開通もあり、都心へのアクセスも良好な茨城県。筑波研究学園都市など特色のある年の整備も進み、家族で移住してくる方も年々増加傾向となっています。筑波大学を筆頭に子どもたちへの学校教育への充実や茨城ならではの気候風土、そして工業などの産業の発展なども大きく関係しています。

茨城県には「茨城発祥!日本初」のできごとも多いのです。

茨城県牛久市にあるシャトーカミヤは、フランスに現存した醸造場をモデルに日本初の本格的ワイン醸造場として開設されました。2007年11月に「近代化産業遺産」に、2008年6月には国の「重要文化財」に認定されました。

銀座木村屋と言えば、一度は耳にしたこともあるのではないでしょうか。その創業者である木村安兵衛氏は、牛久市出身の武士なのです。江戸でパン作りに出会い、あんぱんを考案したのです。いろいろなパンがある中、長い間愛され続けているあんぱんと茨城は深いつながりがあるのです。

県立カシマサッカースタジアムは日本で初めて「サッカー専用」で作られました。それ以前は他の目的と一緒に使う多目的スタジアムでした。茨城県では鹿島アントラーズや水戸ホーリーホックなどのサッカーチームもあります。サッカーの礎を茨城県は作ってきたのです。

このように茨城県は、たくさんの魅力を持った地域です。良い家に住むことだけが、快適な生活ではありません。住みやすい地域、魅力のある地域を選択することも、良い家づくりには必要なことなのです。

水戸市・笠間市の魅力とは

水戸市とは

水戸と言ったら思い浮かべるのは、老若男女誰でも知っている「水戸黄門」ではないでしょうか。水戸徳川家所縁の地としても有名な水戸では、偕楽園や花の美しさが見事な水戸の梅まつり。水戸黄門まつり、水戸萩まつりなどたくさんの人気の高い催しが多い地区です。そしてもうひとつ水戸の名物はやはり「水戸の納豆」です。栄養価の高い納豆は、家庭の食卓で親しまれています。水戸ではそのまま食べるだけでなく、納豆にちなんだ料理やお土産の販売などもっと奥深くまで納豆を楽しめます。

先ほどは茨城県の初めてを紹介しましたが、水戸にも初めてがあるのです。それは日本国民のソウルフードと言っても過言ではない食べ物「ラーメン」です。水戸黄門の愛称で親しまれている水戸光圀公が初めて食べたとされるラーメンを忠実に再現し、現代の味覚にあわせた「水戸藩ラーメン」はご当地ラーメンとしても人気を博しています。

笠間市とは

日本三大稲荷のひとつでもある笠間稲荷神社の門前町としても有名な笠間市は、豊かな自然に恵まれた地域です。歴史を感じさせる催しや郷土芸能が伝承されています。茨城県陶芸美術館や笠間日動美術館などの美術施設も多く、笠間焼のある陶芸のまちとしても有名です。笠間焼の歴史は江戸時代中期から続く伝統工芸です。平成4年に伝統的工芸品に指定されました。

笠間市でぜひ味わって欲しいご当地グルメが、「笠間いなり寿司」です。笠間稲荷神社で食べられる変わり種のいなり寿司なのです。油揚げの中には、そば・くるみ・舞茸などたくさんの具が楽しめます。お店によっても具材が変化するので、1回食べてもまた新たな発見ができます。

見たい!行きたい!!観光スポット

梅の名所である偕楽園で楽しめるのが水戸の梅まつりです。毎年2月中旬から3月下旬までの間、約100品種3,000本の梅が咲き誇ります。見に行く時期によっても、早咲き・中咲き・遅咲きといろいろな梅の花が味わえます。

水戸市制施行100周年を記念して開館された水戸芸術館。国内外で活躍するアーティストの作品や演奏が楽しめます。そしてもうひとつのポイントがらせん状のシンボルタワーです。ここからは水戸の街並みを展望することもできます。ぜひ一度足を運んでみてはいかがですか。

笠間市と言ったら陶芸の笠間焼です。笠間芸術の森公園内にある笠間工芸の丘は、陶芸やペーパークラフトなどの体験ができるコーナーもあります。散歩ややピクニックも楽しめるので大人も子どもも楽しめます。近くには茨城県陶芸美術館もあります。

こちらは茨城県の中でも最大級のイベントになる陶炎祭です。毎年4月29日から5月5日のゴールデンウィーク中に開催されています。間芸術の森公園イベント広場に集い、作品を購入したり、作品を肌で感じたり。さまざまな楽しみ方のできるお祭りです。

For The CUSTOMERS. HOUSE MAKING NIKKENSO

今回は水戸市と笠間市の楽しめるスポットを中心に紹介してきました。茨城県は全国で比較しても晴天率の高く、過ごしやすい地域です。家づくりの第一歩は住まいの基礎となる土地探しです。NIKKENSOは茨城県水戸市・笠間市でライフスタイルから選べる家づくりを提供しています。家づくりはもちろん、地元密着のネットワークを活かして、土地探しも力になります。家づくりの疑問・不安などお気軽にお問い合わせください。わかりやすくご説明します。